乳断ち


1歳を過ぎても、食事は一口か二口。
食べてはオッパイ、また食べてオッパイ。
決して褒められない離乳食完了期。
ほとんど食べていないので、完了していいものかどうかも疑問。

5月。
連休の帰省を利用して乳断ち決行。
興味がそれれば離れるだろう。
離れれば、ご飯も食べるだろう。

連休明けに家族総出で風邪を引き、あっというまに逆戻り。
子が求めるからか、ハハは牛のごとく乳を出す。
自然とでなくなったんだよね〜というママたちをよそに、止まらない母乳。

このまま、乳離れしないんだろうか。
いつまで続くんだろう。
いつになったら、白飯を一緒に食べられるんだろう。
いつになったら、母乳を気にしない生活がくるんだろう。

ハハとコの絆の儀式も、苦痛でしかなくなった。

でも、いざとなると寂しくなる。
オッパイを嫌いになってほしくない。
このひざにすわり、オッパイを吸う安心したこの顔をもう見られなくなる。
これで最後に。これで最後に。。。
なかなか最後のオッパイにならない。
ハハのココロはわがままだなぁ。

ハハの咳が止まらなくなって1ヶ月。
今やめなくていつやめる!
薬に任せて涙の断乳。
2週間、コは泣き続け、ハハはココロの涙を流した。
胸元には、ココロのよりどころを探した引っかき傷の痕が無数についた。

そして母乳のかわりを見つけた彼。
一日に、牛の乳を1リットル飲み干す男になりました。


milk:1歳6ヶ月

inserted by FC2 system